美容健康

お金なんて頭の中で勝手に作り出した数字だ‐お金に囚われない‐

お金。これに心が囚われていない人はなかなかいないだろう。みんなお金を欲しいと思っているだろう。また、お金の不安を感じたくない、お金にとらわれたくないと思い、物欲をなくそうとしたり、お金のかからない生活を心掛けたり、心配しなくていいだけお金を貯めようとしたり、また安定した収入を確保しようとするだろう。だけど、なかなかお金への執着を解くのは難しいのが正直なところではないだろうか?

お金。人の生き死にを左右するほど重要。お金、これを中心に世の中が回っている。なんでこんなにお金に熱心になってしまうのか?それは、お金でいろいろなものを手に入れることができるからだろう。もちろんお金で手に入らないものもある。逆にお金では幸せにはなれないという議論もあるだろうけど、そのテーマはここでは置いておく。お金があれば人間のあらゆる欲求が満たすことができるだろう。人間の三大欲求はもちろんのこと、マズローの欲求5段解説で言われている承認の欲求や自己実現の欲求でさえお金があると満たされるような気がする。

そう、気がするというだけで、実際お金で欲求が満たされるかは別問題です。お金があらゆる欲望を満たすと脳がイメージしてしまっている。それこそが問題です。お金と欲が直接結びついてしまっている。だからお金の執着から逃れられない。

ではどうすればいいのか?それは自分の欲のひとつひとつを見つめてその欲とお金との結びつきを解いていく、例えば食べ物であれば、自分は高い食べ物を食べたいと思っていない、食べたいものであればいつでも手に入れることができる、ということを確認する。そうやって自分の本当の欲とお金との結びを解いていく。そういった作業でお金への欲から逃れられるのではないか。

将来不安や承認欲求など簡単には解決できない問題もあり、なかなか難しい。その問題もゆくゆくは考えたい。

お金があれば何でも手に入る。そんなイメージを人は頭の中に作り出してしまっている。イメージは重要でかつ強力で、人は理屈で行動しているわけではなくて、イメージで判断、行動している。そんなお金のイメージを修正するため、お金は頭の中で作り出したただの数字に過ぎない。増えようが減ろうがただ数字が増えたか、減ったかに過ぎない。自分の欲は本当は別のところにある。とイメージを修正することが必要です。もちろんそんな簡単なことではないので、そういう考え方もある、と少し修正していけばいいと思う。

-美容健康

© 2022 ねことひなたぼっこ